読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一度きりっ!~僕と自転車と時々カメラ~

地球上で出来ることを出来る範囲で叶えて生きます。

指導員との相性はバイクの相性より大事

普通二輪 教習所物語

教習所に行ってきたので書いていこうと思う。

第二段回も始まってもう3コマ目。

シュミレーション終わってさぁいよいよ、コースを覚えて挑むわけなんですが。

 

コースはバッチリ覚えてる、がしかし。

なんとも道路の走行がイマイチ掴めない、30m手前でウィンカーは出来てる。

ん?その後はミラーを見て目視か!教習所内は安全なので、ついつい見ないで過ごすことに慣れてしまいその点を細かく何度も注意される。(くそー)

担当の偉そうな指導員がくどい口調で説明するので、だんだん嫌気が差してきたぞ。

初っ端から出鼻をくじかれる思いでハンコは一時間じゃもらえず2時間費やして一つの項目を終わらせることに\(^o^)/

 

一周するのに10分かかるのに、2回も指導員の後ろに乗ってコース案内されたから、そりゃ無理ってもんよ。

ちなみに自分のところのコースはクランク→踏切→一本橋→スラロープ→S字→坂道の順番です。これらはパーフェクトでミスることはまず無いのですが、目視とミラーの確認だけ無かったことで無駄に3000円を払うはめになってしまった。

中央線寄るタイミングとか、線を踏まないようにとか、まぁ色々細かい点をクリアしないといけないので頭のなかで色々考えてしまいますな!

 

次は急制動の講習らしいけども、人によっては体感してる時怖いらしい。

いやそうでもないやろ~フリやでそんなのと余裕かましている自分ですが、

聞いた話だと何回か転けたら補講らしいね\(^o^)/補講だけは勘弁。

 

そうそう、本当に春休みってやつは鬱陶しいぐらい教習所は混みますので予約は2週間先まで埋まっております(  Д ) ゚ ゚

次のバイクの記事を書く更新はいつになるやら。また書きます。